カードローンで即日に融資してもらい助かった

我が家は祖父の代から小さな町の商店を営んでいましたが、時代の流れとともに周辺には大きなスーパーが立ち並び、コンビニエンスストアーなどの続々と周囲にできた事で、格段に近年は売り上げが落ちていきました。
しかしながら、商店であるが故に、やはり在庫は抱えなくてはならず、売れないものでも定期的に仕入れるという事もあり、そういった事の積み重ねによって経営が困難になってしまいました。

finance4.jpg
何とか持ち直せはしないかと、代々受け継いできた商店を簡単にたたむという事をあきらめきれない父は、お世話になっている銀行に融資のお願いに向かいました。
しかし、融資には随分と時間がかかるとの事でした。
融資するには沢山の書類を書かなくてはならず、融資が通るまでには厳しい審査を通らなければならなく、それには時間がかかる為、数日後に仕入れ代金を支払うという事ができないという事で銀行からの融資は断念しました。
まとまったお金が必要であるけれど、それをすぐに用意するというには大変むつかしく、親戚や知人に頼るとは言っても、近くにいないという事もあってすぐには無理でした。
結果、代々から続いた商店を閉めてしまわなければならない事になりました。
私自身は両親が健在の為、別の会社で働いているのですが、自分には家庭もあり給料を全額両親に貸すというわけにもいかず、貯蓄をあわせても支払金額には足りませんでした。
会社の同僚にそういった自分の家のいきさつを話すと、そんな時こそカードローンを利用してみてはどうだろうかと勧められました。
カードローンについての知識もなかった私は早速カードローンについて調べてみると、簡単な審査でまとまったお金を即日融資してくれるとの事でした。
それなら仕入れのお金を期日までに支払う事ができると、早速父に相談し、自営ではない融資が受けやすい私自身が申し込みをしました。
本当に銀行の融資の事を考えると、こんな簡単な審査で良いのかと思ってしまう程の手続きで、翌日には希望金額を振り込んでもらう事ができました。
あまりにも簡単な事であった為、逆に融資を本当に受ける事ができるのかと心配で、父も即日融資を受ける事によって随分とデメリットがあるのではと心配していましたが、無事に支払う事ができ、期日までにカードローンも返済する事ができました。
カードローンは怖いといったイメージを持っている方も多いかもしれませんが、我が家にとっては本当に助かりました。